ファインフィットシリーズのご案内

世界規模での地球環境保護の取り組みにより
自然エネルギー活用が急速に進む中、
私たちは、太陽光発電のもっと有効な活用方法がないか考え続けています。
現在、建築物では、屋根、屋上への設置が主流ですが、
屋根、屋上はスペースや積雪の問題が多く在る事や、
既設設置の場合は特に、震災時の揺れの応力の問題も内包しています。
これらの問題を解決すべく私たちは常に考え、今も開発を続けています。
ビル用アルミパネルメーカーとしての長年のノウハウを結集し、
ただ壁面を有効活用する物では無くソーラーパネルは
電気製品と言う観点から考え施工性や回路を組むための工夫
メンテナンスのし易さそして意匠を重視して誕生した
ソーラーパネル壁面専用フレーム(架台)、
それが【ファインウォール】です。

壁面設置型ソーラーパネル設置システムファインウォール


こうしてファインフィットパネルが生まれました。壁一体型・ファインフィットパネル(FFP)の取組

大切な財産をより長く過酷な自然から守りたい。そんな想いが製品の原点です。

私たちケーファクトリーは、理想の外壁づくりを長年続けています。私たちの考える理想の外壁とは…それは、施主(お客)様の大切な財産をより長く過酷な自然から守る外壁づくりです。建物に使われる多くの外壁材のネックは、紫外線、寒暖、雨風による外壁材と外壁材の繋ぎ部分のシールや、外壁材自体の耐久年数が上げられます。シールの断裂から来る雨漏りやシール部からの雨だれ、外壁材の表面処理の劣化等の問題が在り、大掛かりな定期メンテナンスが必要な事実が在ります。これらの問題から考えられる事は、シールを出来るだけ使わない事と母材、表面処理の種類の選定が考えられます。

外壁の裏に防水層(壁)が無くても大丈夫なノンシール工法が特長。

私たちはまず、シールを出来るだけ使用しないノンシール工法に着手し、今現在では、窓、ドア部や入り組んだ役物以外は、外壁の裏に防水層(壁)が無くても、シールを使用しないレベルに到達しています。母材にはアルミニウム板材を用い、表面処理には、フッ素樹脂焼付塗装(塗膜40μ以上)を採用し、性能の実証として水密試験を繰り返し、実施工による経過観察を続けています。そうした取り組みと、数々のビル建築外装でのノウハウを積み重ねた、私たちの考える理想の外壁。それが、ファインフィットパネルです。このファインフィットパネルに独自のソーラーパネルフレームを組み合わせ誕生したのが、ファインフィットパネル・FFSです。

屋根一体型ファインルーフ(F・R)

屋根一体型ファインルーフ(F・R)の取組〜ケーファクトリーは美しい日本の屋根のカタチを創造しています〜

大切な財産をより長く過酷な自然から守りたい。そんな想いが製品の原点です。

私たちケーファクトリーは、ソーラーパネルの理想的な屋根設置は屋根置きでは無く一体型であるべきだと考えています。屋根全体をソーラーパネルにする事や瓦、特に和瓦との調和のとれた、瓦+ソーラーパネル併用の、美しい日本の屋根を私たちは目指しています。 一体型だからこそ出来る屋根での太陽光発電の可能性を常に追求し続け、様々な試作、厳しい試験を繰り返し、1つの可能性が見えてきました。 それが、強化ガラスとソーラーパネルを併用した、トップライト型設置です。
ホーム企業理念納入実績製品情報発注から納入まで良くあるご質問企業情報サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ

トップへ戻る

ケーファクトリー株式会社 〒933-0252 富山県射水市七美192-5 TEL:0766-86-5081

Copyright (C) 2013 K-FACTORY Co.LTD All Rights Reserved.